病棟で繰り広げられる壮絶な遺産相続争い・・・。病院って本当に色々なドラマがありますね・・・・・。

病棟で繰り広げられる壮絶な遺産相続争い・・・。病院って本当に色々なドラマがありますね・・・・・。

病棟で働いていると、患者さんの社会背景や家族背景、色々なものが垣間見えますね(・_・;

 

他人事ながら、とても心配になってしまうことも色々あるんですよ。

 

例えば、シングルマザーで幼い子供がいて、白血病で余命が短い女性患者さん。

 

元夫はDVが酷くて、自分が死んでもとても子供を預けることは出来ない...と泣いていました(。-_-。)

 

治療の後遺症で髪が抜け落ちても、色白で美人な方でした。

 

美人薄命...。

 

自分とあまり歳の変わらない方だけに、情がうつってしまいますね(;´Д`A

 

しかし、亡くなる数ヶ月前に、お付き合いされていた彼と入籍され、おめでとう?なんて喜びあいました。

 

お子さんも懐いていてちょっと安心したものの、やはり幸せな時期も短いことがわかっているだけに、複雑な心境でしたね...(T ^ T)

 

歳の近い患者さんは、とても病気で亡くなるには早すぎます。

 

それだけに、看護師として割り切ることの出来ない思いもありましたね。

 

また、見たくないなぁ...って思うのが、親族の争いごとですね。

 

よくあるのが、瀕死の患者さんの目の前で遺産相続の争いごとですね。

 

最期の時が近いと連絡がいくと、突然に集まってくる親族たち...。

 

最期のお別れをするかと思いきや...兄弟で誰が何を相続するとか、親の面倒をみたのは自分だから、取り分は多く欲しいとか...。

 

そんな揉め事のさなか、バイタルを計りに病室に入りづらいったららありませんね...(;´Д`A

 

そしてそんな我が子たちを、今にも消えそうな命の灯火で見守る患者さんの気持ちを思うと切ないですね。

 

患者さんが、我が子を思い築いた財産が、最期にこういった形になってしまうなんて...残酷ですね。

 

そんな患者さんたちの壮絶な人生模様が病院では沢山あるんですよ(´・Д・)」